• ヘッダー画像
  • ヘッダー画像
  • ヘッダー画像

これがいまどきの結婚式!今と昔の違いとは

みなさんは結婚式と聞いてどのようなものを想像しますか? ホテルやチャペル、ウエディングケーキやドレス、はたまた神社で白無垢・・・。一口に結婚式と言っても様々なスタイルがあり、その様式によってルールも異なります。 最近流行のスタイルと、最新ルールについて確認していきましょう。 続きを読む

最新の結婚式事情とは

結婚式は、とても幸せでおめでたいもの。
素敵な結婚式を挙げたいと夢見る女性も多いのではないでしょうか。

結婚に関する専門情報誌が発行されていたり、式場での見学会が催されていたりと、結婚式を身近に感じられる機会も多い現在。実際に挙式をする、または招待されたという場合に、一番心配なのが結婚式のルールではないでしょうか。冠婚葬祭に関するルールやマナーをまとめた書籍なども数多く出版されており、多くの人が関心を寄せていることが分かります。
冠婚葬祭には、その時代ごとに流行があります。結婚式にも、各年代ごとに主流となったスタイルがありました。
ホテルや式場で結婚式を挙げるようになったのは、実は高度経済成長期以降のこと。それまでは自宅で祝言を挙げる、または神社で行う神前婚が一般的でした。バブル全盛期には、とにかく豪華で派手な結婚式が好まれ、巨大なウエディングケーキやゴンドラでの新郎新婦登場などが流行でした。しかしバブル崩壊後は、派手な演出に莫大な費用をかけるのではなく、新郎新婦の二人らしい結婚式を挙げることが好まれ、この流れは現在まで続いています。オリジナリティあふれる結婚式が増えた現在では、今までの形式ばったものと比べて堅苦しいルールを要しないものが多いのです。

このサイトでは、最近の結婚式では当たり前になったルールを紹介するとともに、昔から変わらないマナーについてもまとめています。結婚式が多様化した現代だからこそのルールに関する疑問を解消していきましょう。

おすすめリンク

いまどきの結婚式、新服装ルールとは

自分が新郎あるいは新婦として結婚式を主催する場合でも、ゲストとして招待された場合でも、大きな悩みどころなのが服装ですよね。特に女性は、選択肢が多いぶんどのようなファッションが正解なのか分からなくなってしまうもの。 いまどきの結婚式ではどんな服装のルールがあるのか、昔と比較しつつ見ていきます。 続きを読む

今も昔も変わらない結婚式のルールとマナー

結婚式は近年多様化し、昔と比べるときちんとしたルールがないものも多いのが現状です。 しかしそんな中でも、礼儀として守らなければならないルールやマナーはあります。知っていれば、急な招待を受けた時にも安心ですよね。昔から変わらない結婚式のルールやマナーについて確認していきます。 続きを読む