これがいまどきの結婚式!今と昔の違いとは

結婚式の最新スタイル

ひと昔前までは、結婚式というと決まった形式がありました。神前式、ホテルでの披露宴、チャペルなど、「挙式するならこれ」というパターンがあったのです。
最近の結婚式は、多様化の一言に尽きます。会場となる場所も様々で、結婚する当人達が満足する形で結婚式を挙げることが主流になっているのです。また同時に、結婚式を挙げないというカップルも増えています。更に、以前は避けられていた仏滅に挙式をすることも、最近ではそこまでタブー視されなくなってきました。挙式をするかしないかということも含めて、かなり多様化していることが分かります。
もしも型通りでない結婚式にしたい場合、場所や服装に特別のルールを要するのであれば案内状などに記載するのが一般的です。招待客が混乱しないような配慮が大切ですね。

最新の引き出物事情

数十年前の結婚式では、引き出物はとにかく大きく、嵩張るものを好む傾向にありました。そういった引き出物を招待客に渡すことがステータスになっていたのです。
しかし近年では、大きな引き出物は荷物になってしまい、持ち帰る大変さも相まってあまり人気がありません。手に持っても邪魔にならない大きさのものを選んだり、後から好きなものを選べるカタログギフト形式にしたりと、招待客が喜んでくれることを第一に考えた引き出物選びが増えています。
また、引き出物を自分でインターネットで購入して準備したり、招待客の自宅に引き出物を届ける宅配サービスを利用したりと、形式にとらわれない引き出物選びも出来るようになりました。現在では「引き出物といえばこれだ!」という決まりはないので、自分に合った形で引き出物選びを楽しめますね。