いまどきの結婚式、新服装ルールとは

結婚式にお呼ばれした時の服装ルール

まずは結婚式に招待された場合、一般的に良しとされている服装について確認していきましょう。
親族の結婚式にお呼ばれした場合、和装であれば留袖、洋装であればドレスアップするのがマナーです。友人として参列する場合、未婚の若い女性であれば振袖、もしくは洋装でドレスを着るのが良しとされています。最近では親族でも和装は減り、洋装が増えています。また、神前式の挙式でも、洋装で参列しても問題はありません。
次に、以前はタブーだったものの、現在ではルール違反ではなくなった服装について確認していきます。
まずは黒いドレス。これは喪服を連想させるので以前はタブーでしたが、現在では着ても大丈夫です。また、パンツスタイルも地味に見えるので昔は一般的ではありませんでしたが、現在ではきちんとドレスアップしたパンツスタイルもOKです。

花嫁衣装の最新ルール

ひと昔前の結婚式、特にバブル全盛期には、花嫁は何度もお色直しをするのが主流でした。着る衣装もドレスだけでなく、着物を着て日本髪のカツラを付けたりと様々。
最近では、お色直しで花嫁が何度も席を外すことは減っています。衣装代の負担を減らす目的があることはもちろんですが、お色直しの時間を減らして招待客と関わりたいという思いが強いようです。
また、花嫁衣裳の選択肢もかなり増えました。ドレスの色やデザインが多種多様になったのは言うまでもありません。更に、会場に特別のこだわりを持った挙式の場合は、そのスタイルに合った衣装を選ぶことも多くなりました。花嫁衣裳はこうでなければ、という考えが減り、かなり自由にドレスを選べるようになっています。