今も昔も変わらない結婚式のルールとマナー

これはNG!守るべきルール

結婚式に招待された場合、女性がしてはいけないNGな服装があります。
まずは白い洋服。お呼ばれした場合、ドレスアップするのがルールですが白いワンピースやドレスは絶対にやめましょう。結婚式に白を着ていい女性は、主役である花嫁だけです。
男性の場合、無難にスーツを着ていれば問題はありませんが、女性の場合と同様に新郎と同じ色の白はもちろんNG。薄いグレーやベージュなどの一見白に見える色も避けておくと無難です。
また、最近また流行しているアニマル柄なども、本来は動物の毛皮でありそこから殺生を連想するため、お祝いの席にはふさわしくありません。同じ理由で毛皮もNGなので、もし振袖を着る場合にも注意したいですね。
また、過度の露出を避けることも大切です。夜の披露宴やパーティの時以外は、肩や背中を出すことは避け、スカートも膝丈にするよう心がけましょう。

招待状やご祝儀のマナーとは?

結婚式の招待状が来た場合、どのように返信すれば失礼にあたらないのでしょうか。
そもそも招待状には、新郎新婦が結婚式の招待客数を把握するという目的があります。なるべく早く返信を出すようにしましょう。また、返信の際には書き方にルールがあります。まずは基本的なことですが、あて先の「行」を「様」に変えること。次に選択肢として「御出席」「御欠席」とあるかと思いますが、その「御」を二重線で消しましょう。また、やむを得ず欠席する場合は、「御欠席」を選ぶだけではなく、欠席のお詫びとお祝いのメッセージを書くとより丁寧な印象になるのでおすすめです。
結婚式当日にはご祝儀を持っていきますが、その金額にもルールがあります。割り切れる数である偶数では別れをイメージしてしまうため、奇数になるようにします。金額と住所をご祝儀袋の裏にしっかりと書くことも忘れないようにしたいですね。